FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の名曲コンサートは、大変な名演でした。日経新聞でも「冬本番、北国のオーケストラが熱い! 山形響と札幌響、ドイツ音楽で名演競う」(12/4記事)との見出しで詳細に報じられていました。エリシュカといえばチェコ音楽の権威ですが、ブラームスやベートーヴェン等、独墺系音楽についても大家として高い評価を受けております。

そして、今年は年末恒例の第九で、札響に遂に登場!
いよいよ今週末です。まだ席があるようです。エリシュカのベートーヴェンが聴けるのは札幌だけです。この冬最も注目される第九です。どうぞお聴き逃しなく!

■札響の第9

12月8日(土) 9日(日) 各日午後3時開演 札幌コンサートホールKitara大ホール

指揮:ラドミル・エリシュカ

独唱:安藤赴美子(ソプラノ)、手嶋眞佐子(メゾ・ソプラノ)、望月哲也(テノール)、黒田博(バリトン)

合唱:札響合唱団、札幌アカデミー合唱団、札幌放送合唱団
合唱指揮:長内勲


曲目:ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調op.125「合唱付き」


チケット:全席指定 S6,000円 A5,000円 B4,000円 P2,000円(合唱の後ろ、Pブロックのお席です)
     学生B,P1,500円
     ※札響会員 各席10%引き 学生除く

チケット取り扱い
Kitaraチケットセンター 011-520-1234
道新プレイガイド
大丸プレイガイド 011-221-3900
JR北海道みどりの窓口・ツインクルプラザ
チケットぴあ(パルコB1F、コーチャンフォーなど)

エリシュカの第九
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトエリシュカ&札幌交響楽団の第九(12/8,9)

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。